新着情報

むかばきひとり旅Ⅰ

2月27日()~28日()の1泊2日で「むかばきひとり旅Ⅰ」を開催いたしました。

宮崎県青少年自然の家における新型コロナウイルス対応ガイドラインに基づき運営いたしました。

感染症拡大の影響により、開催日の延期や日程の短縮を行いながらの実施となりましたが、例年とは一味違う冬のむかばきならではの2日間となりました

 

今回のテーマは「仲間と協力し  スキルを身に付け  野外炊飯を達成する」です。

1日目は、2日目のカレーづくりにむけて班のチームワークを高めつつ安全確保などの「知識」と火を扱う「スキル」を獲得する活動を行いました。

 

アイスブレイクの様子

 

野外探検の様子

班ごとにコースを回りながら、安全確保に関する問題や火に関するチャレンジに挑戦しました。

探検の点数に応じて、それぞれの班へカレー作りで使用する「マッチ」が手渡されました。

 

 

 

 

 

 

たき火体験の様子

薪の順番や火のおこし方、火の強さの調節など説明や実験を交えながら体験しました。

たき火の暖かさや自分で焼いたマシュマロが思い出に残った様子でした。

 

 

 

 

 

 

夜はキャンプファイヤーと翌日のカレー作りに向けた作戦会議を行いました。

作戦会議シート

それぞれの班で時間配分や役割分担などを話し合いました。

名前で呼び合いながら、一日目で発見したお互いの得意分野を活かせる作戦を練っていました。

 

2日目はいよいよカレー作り。むかばき所員から作戦シートにアドバイスをもらい、いざスタート!

子どもたちの作戦を信じ、危険な時と作戦から大幅に遅れたとき以外は手出しも口出しもしないルールです。所員も高校生のボランティアもただじっと見守ります。

あいにくの雨にも影響され、多くの班が火おこしに苦戦していました。

1日目にゲットしたマッチを使いきり、途方に暮れる班がなんと3班も…!!

 

ですが、カレー作りを諦めた班はひとつもありませんでした。

火おこしがうまくいかない理由を話し合い再チャレンジする様子や、原始的なまいぎり式火起こし器を一生懸命動かす様子が見られました。火おこしがうまくいった班からの「余ったマッチ使う?」との提案も( ;∀;)

所員のアドバイスも借りながら、最終的にはすべての班が自分たちで選んだ方法で火をおこすことに成功しました。

野外炊飯の様子

起こした火を使い、無事カレー作りを達成しました。様々なハプニングがありながらも、所員が想定していた時間よりもはるかに早く完成させていました。

もっと驚いたのは片づけの様子です。テキパキと自ら動く姿や、所員の厳しい食器洗いチェックにも動じず前向きに取り組む姿を見ることができました。1日目の学びを活かしてカレー作りを達成できた喜びが、片づけのモチベーションにもつながったのでしょうか。

子どもたちのがんばりにより生まれた時間で、ゆったりココアタイム燃えきる前の火を使ってお湯を沸かしました。

 

最後は一緒に頑張った仲間へのメッセージを書き、別れのつどいを行いました。

 

大人の手を借りずに、野外でのカレーづくり。誰にでもできることじゃありません。今回参加してくれた皆さんの頑張る姿に感激しました。むかばき所員一同、皆さんのこれからの成長と活躍を応援しています。

35名の参加者と5名の高校生ボランティアの皆様、本当にありがとうございました。

またのご参加を心よりお待ちしております。

(主)むかばきひとり旅Ⅱ

12月5日(土)~6日(日)にむかばきひとり旅Ⅱを開催いたしました。

尚、このむかばきひとり旅Ⅱは新型コロナウイルス対応ガイドラインに基づき運営を行いました。

 

今回のむかばきひとり旅Ⅱのテーマは「自分のことは自分でしよう!」です。

最初は、子どもたちの緊張をほぐすアイスブレイクゲームです!

一緒になった班の友達の名前を覚えたり、呼び合ったりするゲームを通して親交を深めます。

 

 

午後のゲームは「怪盗Xからの挑戦状」

様々なゲームに挑戦し、自分たちで怪盗Xが隠したとされる宝物を見つけに行きます。

林の中に入り様々なクイズを解くファーストステージ、宝物庫の鍵を自分たちで作り出すセカンドステージ、そして宝物を入手するファイナルステージにそれぞれ挑戦しました。

班の中で友達同士の名前を呼び合ったり、得意分野を生かしあう姿がとても多く見られました!

 

夜の活動はキャンプファイヤー

全員でダンスを踊ったり、ゲームをしたりして楽しく過ごしました。

おやつとして食べるマシュマロももちろん自分たちで焼きました!

 

2日目は、オリジナルマグネット作りです!

この2日間を思い出に残そうと集中して取り組んでいました。

たくさんの力作、名作ができましたよ!

 

その他にも、この2日間で共同でのお風呂の使い方部屋の片づけ自分たちの荷物の片付けなど生活の中でもたくさんのことに取り組み、頑張った子どもたち。

最後は、そのがんばりが今後の自信につながるように表彰を行いました。

今回参加してくれた子どもたちのこれからの成長と活躍を、このむかばきの地から応援しています!

またのご参加心よりお待ち申し上げます。

英語村

 

11月21日~22日の1泊2日で英語村を開催しました。

今回は宮崎県青少年自然の家における新型コロナウイルス対応ガイドラインに基づき運営を行いました。

 

小学生24名の参加者と英語を専門とする大学生のボランティア、そして外国人講師の先生、沢山の仲間と、

どきどきわくわくな2日間の始まりです。

1日目、参加者は英語村特製のパスポート片手にむかばきへ。
英語のあいさつや自己紹介で入村審査を受けました。

緊張した表情だった参加者も大学生が企画したアイスブレイクを通して笑顔に。

自己紹介や簡単なゲームを英語を折り混ぜた内容で行い、とても楽しい時間になりました。

 午後からは桃太郎の英語劇に挑戦!各グループ、担当になったシーンを一生懸命練習していました。

英語の発音や体の動きを、1つ1つ外国人講師と一緒に確認しながら取り組みます。

2日目の朝は行縢山を見ながら英語版のラジオ体操!

少し冷たい風を感じながらも、体はポカポカと温かくなりました。

 

午前中、昨日練習したことを思い出しながらリハーサルを行い、午後はさっそく緊張の発表会です。

最初は、ゆっくり読み上げることがやっとだった参加者も、劇の時にはスラスタと大きな声でセリフを言うことができました。短い練習時間の中、本当によく頑張りました。

 

 最後、同じグループの友達や外国人講師、ボランティアと「Good bye!」「See you again!」と挨拶を交わして帰っていきました。今回の事業が参加者にとって英語を好きになるきっかけになっていれば幸いです。
またのご参加、心よりお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

むかばき青少年自然の家 まつり

10月25日(日)むかばき青少年自然の家 まつり

 

「むかばき秋のプチまつり」が開催されました。

 

今年は規模を縮小して開催する方向になったため、

 

90組限定の事前予約制と例年のまつりとは違う方法で行う形と

 

なりましたが、

 

多くの方々にご参加いただきました。誠にありがとうございます。

 

開催当日はお天気も非常によく、熱さが感じられるほどの晴天で

 

ご参加いただいた方々には、90分間と限られた時間ではございま

 

したが、自然を満喫していただけたと思います。

 

 

むかばきの自然を満喫できるゲームコーナーでは

 

「秋のハイキング」「怪盗Xからの挑戦状」という挑戦型のゲー

 

ムや

 

自然の中で十種類以上のゲームが楽しめる「どんぐりパーク」が体

 

験できました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

創作コーナーでは

 

「プラホビー」をはじめ、

 

木青会さんご協力のもと「キューブラック」の作成、

 

ガーデニングRUIさんでは「多肉植物のデコパージュ」を作成する

 

ことができ

 

自然の探検と創作が一度に楽しむことができ、充実したお時間を過

 

ごされている

 

姿をみることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また軽食コーナーでは4店のお店に出店していただき、

 

すがはらさんではカレーとから揚げ

 

nicoさんでは種類が豊富なコーヒー

 

霧子乃里さんでは珍しいたけのこ寿司やフライドポテトなど

 

川原いちご農園さんではいちごをふんだんに使用したソフトクリー

 

ムなど

 

どのお店もとても美味しく味わえることができました♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は新型コロナの影響で規模を縮小して開催する運びとなりまし

 

たが、ご参加いただいた方々、出店にご協力いただいた方々

 

誠にありがとうございました。

 

また例年通りのまつりが開催できることを願って、

 

より良い運営に努めていきますので、

 

またのお越しをお待ちしております。

 

 

8/17(月)以降の施設利用について

令和2年8月16日(日)の宮崎県からの発表で、

 

延岡市・西臼杵圏域が「感染状況が厳しい圏域」から

「新規感染者が限定的な圏域」に引き下げられたことを受け、

 

令和2年8月17日(月)以降は、

日帰り利用の団体のみ施設利用再開となります。

 

宿泊を伴う利用につきましては、

令和2年8月31日(月)までは中止とさせていただきます。

 

施設利用に関する詳細に関しましてはお電話にてお問合せをお願いいたします。

 

 

宮崎県むかばき青少年自然の家 電話番号

(0982)38-0272

【重要】施設利用中止について(8/3更新)

 

現在、宮崎県内にて新型コロナウイルスの感染が拡大しております。

 

延岡市・西臼杵圏域が「感染状況が厳しい圏域」に引き上げられたことを受け、

 

 

当面の間、施設の利用を中止とさせていただきます。

 

また、令和2年8月17日(月)以降にご利用の予約をされている団体様につきましては、今後の動向を見て改めてご連絡させていただきます。

 

 

ご利用予定だった団体様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、

ご理解ご協力の程よろしくお願いいたします。

 

利用再開の日程に関しましては、ホームページ上でもお知らせいたします。

【重要】施設宿泊利用のお知らせ(6/2更新)

 

当施設は6月1日(月)より、

 

「宿泊利用再開(宮崎県内在住の方のみ)」と

させていただきます。

 

宮崎県外からの利用・宿泊に関しては今しばらくは見合わせとなります。

ご了承ください。

 

また、ご利用される団体も、新型コロナウイルスの感染防止対策(手洗い、消毒、マスク着用、検温等)を徹底した上でのご利用となります。

 

ご利用を考えられている団体は、当施設へご連絡をお願いいたします。

【重要】施設利用再開のお知らせ(5/26更新)

 

当施設は宮崎県の方針に基づき、

 

当面の間は「宮崎県内在住の方で、日帰り利用」のみ

施設の利用を再開させていただきます。

 

宮崎県外の方や、宿泊利用に関しては今しばらくは見合わせとなります。

ご了承ください。

 

また、ご利用される団体も、新型コロナウイルスの感染防止対策(手洗い、消毒、マスク着用、検温等)を徹底した上でのご利用となります。

 

ご利用を考えられている団体は、当施設へご連絡をお願いいたします。

【重要】施設利用中止のお知らせ(5/8更新)

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う全国への緊急事態宣言発令を受け、

 

当施設は県の方針に基づき、

 

令和2年5月10日(日)まで施設の利用を中止としておりましたが、

 

令和2年5月11日(月)~ 令和2年5月24日(日)まで、

 

施設の利用中止を延期させていただきます。

 

ご利用予定の団体の皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、

 

ご理解をいただきますようお願いいたします。

 

【重要】施設利用中止のお知らせ(4/20更新)

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う全国への緊急事態宣言発令を受け、

 

当施設は県の方針に基づき、

 

令和2年4月21日(火)~ 令和2年5月10日(日)まで、

 

施設の利用を中止とさせていただきます。

 

ご利用予定の団体の皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、

 

ご理解をいただきますようお願いいたします。